日焼け止め 副作用

塗るタイプの日焼け止めに副作用の危険性はある?

日焼け止め 副作用 画像もう長いこと色白のお肌がもてはやされ、コスメ業界でも

美肌&美白をメインに打ち出してきています。
なので夏場は、塗る日焼け止めが必須
アイテムの女性は多いと思います。

 

しかし、塗る焼け止めで起こる副作用の
危険性については知っていますか?

 

 

皮膚呼吸が制限される・出来ない

強力な効果を持つ日焼け止めを使用した場合、
皮膚呼吸が制限されてしまう・出来ない場合があります。
しかも途中でさらに重ね塗りしてしまうと、皮膚が
完全に呼吸出来なくなる可能性もあります。

 

 

甲状腺の機能が低下する

日焼け止め 副作用 画像

 

日焼け止めに含まれる一部成分が、甲状腺機能に
作用し低下させ、疲労感・倦怠感が引き起こされたり、
髪・肌が乾燥してパサパサになったり、カサカサに
なったりする可能性が海外で検証されました。

 

アレルギー問題の可能性もあるので、自分に合った
日焼け止めを購入したい場合は、紫外線吸収剤か
紫外線散乱剤などをしっかり考慮し注意しましょう。

 

 

ケミカル・ナチュラル

日焼け止めは、肌を紫外線から守ってくれます
から、けっして悪いものとは言えません。
ですが、日焼け止めがケミカルかナチュラルな
ものなのかは自分で選べます。

 

ケミカル=化学日焼け止め、もっとも多く使用されて
いて、コスパが良く簡単に手に入れられます。
ナチュラル=鉱物日焼け止め、ジンク・チタンなどの
お肌に負担のない優しい日焼け止めです。

 

紫外線吸収剤と言うのは、アレルギー反応や
ホルモン異常を引き起こす可能性があります。
できればケミカルよりもナチュラル、そして日焼け止めよりも
アームカバーや日傘で紫外線予防を!と、おすすめしたいところです。

 

しかし、どうしても日に焼けたくない!と、多くの女子が思っていると
思います。日焼け止めクリームを使用するならSPFを理解して、
正しい使い方を学び、焼けない色白美肌になりましょう。

 

日焼け止め 副作用 画像

 

実は、昨今から日焼け止めサプリが流行っています。
日焼け止めサプリならお手軽だし、肌にダメージを
与えずに長く続けられそう!と支持されています。

 

日焼け止めサプリには、リーズナブルな価格のもの〜
ハイクラスな価格のものまで種類も豊富に揃っています。

 

なので、最初は自分に合っているかどうかお試しセットなどを
購入してみてはいかがでしょうか?副作用など異変が
なければ、飲み続けるのも良いと思います。