日焼け止め 成分 効果

日焼け止めに配合されている成分・効果は?

日焼け止め 成分 画像紫外線が強い季節になると、ドラッグストアなどに

日焼け止めが大量に並びます。
あなたは、その中からどの日焼け止めを選びますか?

 

肌に負担をかける成分が配合されている商品も中には
ありますから、選ぶ際には注意しましょう。

 

 

紫外線吸収剤

日焼け止め 成分 画像

 

紫外線吸収剤とは、成分が紫外線を吸収し、それを熱
などに変換して肌に負担を与えないよう防いでくれます。

 

塗った時に白浮きせず、しっかりと密着して伸びて
くれるので、使用感はとっても良い成分です。
ですが、長時間使用することで肌に負担を与えます。

 

また、UV-A吸収成分が少ないので、紫外線吸収剤
のみで紫外線の完全なカットは難しいそうです。

 

 

紫外線散乱剤

 

紫外線散乱剤とは、成分粒子が肌にあたる光を反射し、
紫外線をカットしてくれます。主成分は、二酸化チタンなど。

 

肌に化学変化をもたらす紫外線吸収剤とは違い、肌にあたる
紫外線を反射してくれるので、肌に負担がないのがメリットです。

 

しかし、こちらは塗った時に白浮きしますし、
使い心地が良いとはあまり言えません。

 

 

成分を使い分けましょう!

日焼け止め 成分 画像

 

デイリーユースに使用したいなら、紫外線散乱剤の配合
されている日焼け止めを選ぶのが良いでしょう。
これなら肌の負担も少なくすみますから、毎日使用しても大丈夫です。

 

ただし、野外で太陽の下に長時間いる場合なら
紫外線吸収剤を選ぶのが良いでしょう。
もし短時間の外出の場合ならSPF20程度でも問題ない場合もあります。

 

このように日焼け止めは使い分けが肝心です。

 

 

日焼け止めがお肌の悪者?!

 

実はお肌に日焼け止めがよくない!と聞く事が多い
のですが、これは紫外線吸収剤のことです。
お肌にあまりよくない石油由来の合成成分ですから、
そう言われてしまうのも仕方ないのかもしれません。

 

散乱剤は、光を反射させるので肌ダメージはそんなにかかりません。

 

しかし、紫外線吸収剤の方は塗った肌で化学変化が起きるので、
例えるなら肌で理科の実験が起きている感じです。

 

特にお肌が敏感でデリケートな方は、日焼け止めクリームを
使用しただけでかぶれ・肌荒れが起きる可能性も高いので、
安心して使えるものを選びたいですよね。

 

 

最近では、日焼け止めサプリも販売され人気なので、
肌に使用しない日焼け止めを選ぶのもおすすめです。