日焼け止め 種類 タイプ

日焼け止めの種類やSPF・PAについて

日焼け止め 種類 画像日焼け止めにもさまざまな種類があります。

スプレー・ジェル・クリーム・飲むタイプなど、
種類も豊富に販売されています。

 

昨今から特に注目されているのは、
飲むタイプの日焼け止めサプリです。
他に日焼け止め効果のある化粧下地やシートタイプになどもあります。

 

クリームタイプの日焼け止めはもっとも長く販売されていますけど、
ベタつく・メイクが崩れるなどの批判的な意見がありました。

 

そこで、そう言った不快感を取り除くためにスプレー・
シートタイプが開発されたんだと思います。

 

 

SPF・PAとは?

日焼け止めの説明にSPF・PAについて書かれて
いますが、意味を理解していますか?

 

クリームタイプの場合は、SPF20〜SPF50の
最高クラスまで販売されています。

 

SPF・PAの違いと言うのは、紫外線A派・B派の違いです。

 

絶対に日焼けしたくない!場合は、SPF++++を選ぶ事で
日焼けをカット出来ます。しかし、汗・水で流れ落ちてしまう
可能性もあるので、何度か塗り直しが必要です。
また、お肌に負担をかける事もあります。

 

なのでSPF30程度の軽いものを使い、何度か塗りなおしたほうが
お肌に負担をかけずに美白を維持できます。

 

 

話題の日焼け止めサプリ

日焼け止め 種類 画像

 

飲むタイプの日焼け止めサプリも販売され話題になっています。
通信販売で購入できますが、紫外線に弱い
欧米人用に元々は作られた商品だそうです。

 

これさえ飲めば完璧な日焼け止めが可能かと
言われれば、そうとは言い切れません。

 

なので、日焼け止めクリーム・ジェルをプラスして使う
ことで、紫外線をしっかりカットできます。

 

で、日焼け止めクリーム・ジェルが通してしまった紫外線を、
日焼け止めサプリが打ち消すという相乗効果が生まれるんですね。

 

 

妊婦さんの紫外線対策

日焼け止め 種類 画像

 

妊娠中は特にシミが増える時期と言われています。

 

紫外線対策として、クリーム・スプレータイプの中には妊娠中でも
問題なく使えるものもあります。ミスト・シートタイプもおすすめです。

 

しかし、妊娠中はデリケートな時期ですから
日焼け止めサプリは控えた方が良いでしょう。

 

授乳中も同様です。
紫外線対策として、長袖をはおるなどするのが
赤ちゃんと触れ合うことも考えたらおすすめです。