日焼け止め 種類別 使い方

いろいろな日焼け止めの正しい使い方は?

日焼け止め 使い方 画像あなたは日焼け止めを使う時、正しい使い方をしていますか?

それとも特に何も考えずに使っていますか?

 

まあ、日焼け止めクリームを使えば紫外線カットは出来ます
から、問題ないと思うかもしれませんけど、きちんと正しい
使い方
をすることで、お肌に負担をかけずに使用できます。

 

メイクをしていたとしても日焼け止めを上から塗りなおす方法など、
パウダー・スプレー・液体など別々に使い方を知りましょう。

 

 

パウダー・スプレータイプ

紫外線が強力な季節になると、日焼け止めを
何度か日に塗りなおす必要があります。
その場合は、パウダー・スプレータイプのものが役に立ちます。

 

はじめに余分な皮脂をキレイに落とします。
メイクの上からティッシュで軽く顔を抑えるだけで皮脂は十分落とせます。
脂取り紙などを使ってしまうと皮脂の摂りすぎが起こってしまい、
皮脂分泌が余計に酷くなるので注意してください。

 

それからパウダー・スプレーを満遍なくふりかけるだけでOKです。

 

 

クリームタイプ

日焼け止め 使い方 画像

 

クリームタイプの場合も最初は同じです。

 

まずは、ティッシュで皮脂をキレイに落として、日焼け止め
クリームを指先に少量取ります。それを顔の高い部分である
鼻・頬などにポツポツとおいて、トントン軽く押さえつけましょう
こうすればメイク崩れもなく、日焼け止め効果もしっかり持続できます。

 

 

本当はメイクオフして使うのが正解

日焼け止め 使い方 画像

 

日焼け止め効果をより出したいなら、本当ならメイクオフしてから
日焼け止めクリーム・ジェルをもう一度塗りなおすのが正解です。

 

ですが、働いている方などの場合は難しいでしょう。
メイクオフして、またメイクする余裕はありませんよね。

 

今回紹介したお直しテクをしっかりと覚えておいて、メイクを
したまま簡単・キレイに日焼け止め効果を維持しましょう。

 

 

基本的な塗り方

知っておいてほしい基本的な塗り方について紹介します。

 

顔に使う場合は、まず手のひらに日焼け止めを取り出し、
しっかり馴染ませた後に顔に満遍なく塗ります。

 

腕・足の場合は、まず直接腕に日焼け止めを垂らしていき、それから
反対側の手を使ってぞうきん絞りをする感じでしっかりと馴染ませます
結構適当なやり方に感じられるかもしれませんけど、腕・足に
塗る場合はこの方法が均一に塗れます。